会社概要

社名
上村工業株式会社(C.Uyemura & Co.,Ltd.)
代表者
代表取締役社長 上村寛也
本社
〒541-0045 大阪市中央区道修町3丁目2番6号 本社 アクセスマップ
創業
1848年(嘉永元年)
会社設立
1933年(昭和8年)12月3日
資本金
13億3,693万円
売上高
単体:251億4300万円 連結:481億2000万円
(2017年4月1日~2018年3月31日)
株式
東京証券取引所市場第二部
従業員数
単体:358名(内パート:24名) 連結:1,673名(2018年9月末現在)
事業所
本社:大阪市中央区
支社・支店:東京都中央区・愛知県名古屋市
化成品工場:大阪府枚方市
機械工場:大阪府枚方市
中央研究所:大阪府枚方市

拠点一覧

  • 大阪本社

    スタッフ部門と近畿以西をテリトリーとする営業部が主な機能です。

  • 中央研究所

    上村工業が誇る表面処理のシンクタンク。
    基礎研究から応用研究までを行う上村工業の研究・開発の中枢機関です。

  • 化成品工場

    装飾めっき用薬品や機能めっき用薬品など、めっき用化学品を製造しています。

  • 機械工場

    めっき装置やめっき装置制御システム、全自動液管理装置、プリント配線板垂直搬送装置などの表面処理用機械を製造しています。

  • 名古屋支店

    中部地方をテリトリーとする営業部が主な機能です。

  • 東京支社

    全社の営業部を統括する営業本部と甲信越及び関東以北をテリトリーとする営業部が主な機能です。

会社沿革

1848年
大阪道修町において、医薬品の販売を始める。
1915年
めっき資材の輸入業に業種転換。
1918年
油脂性研磨剤の国産化に、国内で初めて成功する。
1933年
株式会社上村長兵衛商店を設立。
1957年
めっき技術の研究をすすめ、薬品類の開発、製造を始める。
1960年
全自動めっき装置及び各種処理装置の製造を始める。
1963年
(株)サミックスを設立。
1968年
めっき業界としては世界初の中央研究所を開設。
1969年
上村工業株式会社に社名変更。
1985年
米国に合弁会社、ウエムラ・インターナショナル・コーポレーションを設立。
1986年
香港に合弁会社、上村旭光有限公司を設立。
1987年
台湾に合弁会社、台湾上村股份有限公司を設立。タイに合弁会社、サムハイテックスを設立。
1988年
中国シンセン市に合弁会社、上村旭光化工机械有限公司、 シンガポールにウエムラ・インターナショナル・シンガポール設立。
1996年
資本金を756,936,360円に増資。 無電解めっきによるハードディスク下地層形成技術の開発で、 「科学技術庁長官賞」を受賞。 マレーシアに、ウエムラ・マレーシアを設立。
1997年
大阪証券取引所市場第二部に上場。 資本金を1,336,936,360円に増資。
1998年
米国に、UICテクニカルセンターを開設。 枚方工場 ISO9001認証取得。
2002年
中国・上海に上村化学(上海)有限公司を設立。 枚方工場 ISO14001認証取得。
2007年
枚方工場近代化三カ年計画が完了。東京都中央区に東京支社新社屋が完成。
2010年
韓国に、韓国上村株式会社を設立。
2012年
インドネシアに、ウエムラ・インドネシアを設立。
2013年
新中央研究所が竣工。東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所市場第二部に上場。
2018年
創業170周年を迎える。