SDGsに関する取り組み

SDGsとは?

SDGs(Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットにおいて全会一致で採択された2016年から2030年までの「持続可能な開発目標」であり、17の目標と169のターゲットから構成され、地球上の「だれ一人取り残されない」ことを誓い、実現を目指しています。

トップメッセージ

当社は、「」 のグループ共通スローガンのもと、ステークホルダーの皆様と共に成長・発展し、社会に貢献できる企業を目指しております。
特に当社がビジネス領域とするめっき業界では、従来から世界的に環境汚染問題が取り上げられており、2000年代以降、欧州を中心にELV(廃自動車指令)、REACH(欧州化学物質規制)、WEEE(廃電気電子機器指令)、RoHS指令(電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限に関する指令)などの環境規制が次々に成立しました。当社では、こうした各種環境規制に対応した製品・技術の開発に継続的に取り組むとともに、製品の製造・運搬・廃棄の各段階において環境へのアセスメントを行い、環境負荷低減に向けた施策を推進してまいりました。引き続き、技術集約型の当社の強みを活かし、有害化学物質フリー製品の開発、製品ライフサイクルの延長、資源利用効率の向上などを通じて、環境問題の改善に積極的に取り組んでまいります。
また、当社は、グローバル化への対応の中、単に利益追求だけでなく、人材のダイバーシティ(多様性)を確保し、社員一人ひとりの個性や能力を最大限活かすことにより、経営環境の変化に対応しながら、持続的な成長・発展を実現することを目指しております。さらに、グループ社員がより一層活き活きと働き続けられるような職場環境の整備にも取り組んでおります。
今後もSDGsへの取り組みを経営の重要課題と位置付け、持続可能な社会への貢献を果たしてまいります。

代表取締役社長
上村 寛也

ウエムラの取り組み

環境対応型製品・技術の開発・拡販

有害化学物質(シアン、鉛、ホルマリン等)フリー製品の開発・拡販、薬液の長寿命化、無電解ニッケル回収システムの開発、貴金属回収・リサイクル技術の積極的活用等に取り組んでいます。

  • すべての人に保健と福祉を
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • つくる責任つかう責任

社会発展、環境改善へとつながる製品の開発・提供

環境車などクリーン技術に必要な製品の提供、自動運転・介護ロボットに適合した製品の開発、Waferめっき装置の全自動化、装置の遠隔によるメンテナンス・予知保全等の提案、サプライヤーや産学官の連携強化等を進めています。

  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • つくる責任つかう責任
  • パートナーシップで目標を達成しよう

受注から出荷までの工程の自動化

生産設備のIoT化・ロボットの導入、品質管理の自動化、5G通信を用いた複数装置の同時接続・高速接続、受注から在庫管理・生産計画のAI化、原料の荷受けから出荷までの履歴管理システムの導入等を進めています。

  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう

コンプライアンスの徹底、人権の尊重

紛争鉱物を使用しない(コンフリクト・フリー)、ハラスメント防止教育、上村グループ行動指針の制定によるコンプライアンス意識の強化、継続的な社員教育を通じた理解・浸透等ほか5件に取り組んでいます。

  • 貧困をなくす
  • 飢餓をゼロに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 働きがいも経済成長も
  • 人や国の不平等をなくそう
  • つくる責任つかう責任
  • 平和と公正をすべての人に

社会貢献・地域貢献活動の推進

献血活動への協力、防災非常食のフードバンクへの寄贈、赤い羽根共同募金、事業所周辺の地域活動(神社・学校等)への協力、テクニカルレポートのWEB公開等ほか1件に取り組んでいます。

  • 貧困をなくす
  • 飢餓をゼロに
  • すべての人に保健と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 陸の豊かさも守ろう

クリーンエネルギーの使用、電力使用量の削減

屋上緑化・壁面緑化、太陽光発電の設置、空気循環システム、排気ガス浄化システム(尿素SCRシステム)を搭載した配送トラックの導入推進、デリバリーの効率向上等ほか7件を行っています。

  • エネルギーをみんなに、そしてクリーンに
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を

廃棄物・水使用量の削減

3R推進、社内の排水・排気管理(水質改善、使用水量モニター)、薬液のリンク容器の採用、めっき装置における水洗水の削減、ヒートポンプの利用拡大等ほか8件を行っています。

  • すべての人に保健と福祉を
  • 安全な水とトイレを世界中に
  • 住み続けられるまちづくりを
  • つくる責任つかう責任
  • 気候変動に具体的な対策を
  • 海の豊かさを守ろう
  • 陸の豊かさも守ろう

BCP(事業継続計画)の実施

配管の耐震化、地震による立体倉庫からの製品落下防止、工場開口部への防水堤設置(洪水による浸水防止)、停電時に備えた発電機の設置、原料調達の複数購買化等ほか2件を進めています。

  • 働きがいも経済成長も
  • 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 住み続けられるまちづくりを
  • 気候変動に具体的な対策を

いきいきと働ける職場環境の整備

社内での全面禁煙、外部相談窓口の設置による従業員のメンタルヘルスケア・心身の健康のサポート、歯科検診・健康診断の奨励、健康セミナー参加の奨励等ほか7件に取り組んでいます。

  • すべての人に保健と福祉を
  • 質の高い教育をみんなに
  • ジェンダー平等を実現しよう
  • 働きがいも経済成長も
  • 人や国の不平等をなくそう