上村工業の研究開発体制 研究活動こそ、ウエムラの原動力。

  • 中央研究所
  • 関係会社 研究開発拠点

「表面処理の総合メーカー」としての上村工業の技術力を支えているのが、1968年に設立された中央研究所です。高度な分析を可能にする分析装置、国内随一の専門資料などを揃え、ケミカル・メカニクス・エレクトロニクスを一体化した表面処理技術の研究と開発を行っています。

中央研究所

上村工業では、技術者・機械設計者をあわせると、社員の半数近くが開発・技術支援業務に携わっています。それら多くの人が集い、新たな対話や自由な発想が生まれる空間を提供することにより、新たな価値の創造や技術力の進化につながる研究所を目指しています。

自由な発想から生まれる開発力と技術力、高度な研究開発を可能にする実験設備、これらを集結した世界屈指の学術的研究機関としてめっき技術のさらなる発展に貢献するとともに、お客様に対してオンリーワンのサービスを提供致します。

実験設備の紹介

通常のライン実験室に加えて、クリーンルーム内ライン実験室4室、サンプル液試作室2室、お客様との共同実験室等、開発部ごとにゆとりある研究室を備えています。

また、最新タイプのめっき装置の他、FIB・SEM・AES等をはじめとする約250台の分析機器を保有しており、新たな薬品開発だけでなく、お客様の問題解決等にも全力で取り組んでいます。

分析装置例

X線CT:ノードソン・アドバンスト・テクノロジー社製XD7600NT Diamond-CT

X線CT:ノードソン・アドバンスト・テクノロジー社製XD7600NT Diamond-CT

X線検査技術の発達は著しく、その解像度向上も目を見張るものがあります。今までの破壊検査では困難で手間のかかったボイドやシームの確認を、この最高級レベルの装置を用いることで、非破壊かつ迅速に行うことが可能です。

FIB付きFE-SEM:日立ハイテクノロジーズ社製XVision210B

FIB付きFE-SEM:日立ハイテクノロジーズ社製XVision210B

目覚ましい進歩を続けるFIBとFE-SEMを合体した世界最高水準の本装置により、筺体から試料を取り出すことなくSEM像の観察ができます。さらに、付属するEDSを用いてより詳細な元素分析も可能となりました。

ESCA/XPS:アルバック・ファイ社製PHI Quantera Ⅱ

ESCA/XPS:アルバック・ファイ社製PHI Quantera Ⅱ

試料にX線を照射し、その表面から放出される光電子のエネルギーを測定することにより、表面の組成および化学結合状態の情報を得る装置です。最高レベルの装置を用いて表面状態を解析することで、お客様の支援や新製品開発へつなげています。

めっき用装置例

汎用的なめっき装置や独自の最新技術を利用したプリント基板用めっき装置、ユニークな手法でめっきを行う小物部品用めっき装置など、ニーズに合わせためっき用装置を取り揃えております。

  • めっき設置制御装置(管理画面)
    めっき設置制御装置(管理画面)
  • 新方式垂直連続搬送めっき装置
    新方式垂直連続搬送めっき装置
  • 小物専用めっき装置
    小物専用めっき装置

コンセプト

平成23年度 CASBEE(大阪府建築物環境性能表示)S評価(148件中2位)
平成23年度 CASBEE(大阪府建築物環境性能表示)
S評価(148件中2位)

環境に配慮し災害にも強い構造となっており、高い環境品質を実現しています。

1.シンボル・ラボ ―上村ブランドの顔づくり―
世界に羽ばたく上村工業の顔となる品格と永続性のあるデザイン
2.アメニティ・ラボ ―研究所の一体化・活性化―
各研究グループを越えた、ディスカッションや交流を円滑にする研究環境の創出
3.グリーン・ラボ ―環境共生への取り組み―
自然の恵みである光・風・緑にあふれ、省エネ・省資源を徹底した施設の実現

受賞 / 掲載誌

受賞

  • 2014年 平成25年 照明普及賞
    2014年
    平成25年 照明普及賞
  • 2014年 第13回読者と選ぶ「建築と社会」賞
    2014年
    第13回読者と選ぶ「建築と社会」賞
  • 2014年 日経ニューオフィス賞「近畿経済産業局長賞」
    2014年
    日経ニューオフィス賞
    「近畿経済産業局長賞」
  • 2014年 平成26年度「大阪サステナブル建築賞(大阪建築環境配慮賞)大阪府知事賞」
    2014年
    平成26年度「大阪サステナブル建築賞
    (大阪建築環境配慮賞)大阪府知事賞」

掲載誌

  • 近代建築 2013.10
    近代建築
    2013.10
  • 建築設備と配管工事 2014.5
    建築設備と配管工事
    2014.5
  • 建築と社会 2013.12.
    建築と社会
    2013.12.
  • アイズ 2015.4
    アイズ
    2015.4
  • あたらしい照明 Vol.153
    あたらしい照明 Vol.153
  • THE BEST OF NEW OFFICE 2014 これが日本の最先端クリエイティブ・オフィスだ!
    THE BEST OF NEW OFFICE 2014
  • おおさか環境にやさしい建築表彰作品集2014
    おおさか環境に
    やさしい建築表彰作品集2014

テクニカルレポート

テクニカルレポート

『お客様のニーズを追求し、それにお応えする』と言うモットーのもと、お客様のお役に立ちたいと言う思いから、1983年に創刊号を発刊して以来、継続して表面処理に関する幅広い情報を提供しています。

関係会社 研究開発拠点

関係会社 研究開発拠点

日本の中央研究所を中心に、アメリカ・台湾・マレーシア・タイに研究機関を構え、グローバルな体制で研究・開発を推進しています。

技術集約型企業として、人材だけでなく、設備や環境、情報など、あらゆる面から研究開発部門の充実を図っており、グローバルスタンダード企業からいっそう注目されるようになってきています。今後もUYEMURAブランドのさらなる向上を目指して参ります。

アメリカ

ウエムラ・インターナショナル・コーポレーション テクニカルセンター

ウエムラ・インターナショナル・コーポレーション テクニカルセンター

1998年にアメリカのコネチカット州にテクニカルセンターを開設いたしました。
世界トップレベルの企業や技術者が集う学会で数々の研究成果を発表し、各界から高い評価をいただいています。また、ITグローバル企業との接点としても重要な役割を果たしています。

台湾

台湾上村股份有限公司 研究所(TRL)

台湾上村股份有限公司 研究所(TRL)

現場のニーズに合った開発を行うことを目的として2005年に設立いたしました。台湾の最先端企業に対応するべく独自の製品開発を行っており、技術系社員の比率は30%を超えています。
近年では、最先端の半導体関連製品の開発にも注力し、薬品ばかりでなく装置も含めた開発・製造およびめっきの試作評価も行っています。
めっきのトータルソリューションを提供する、ウエムラグループのモデルカンパニーを目指して躍進して参ります。

マレーシア

ウエムラ・マレーシア

ウエムラ・マレーシア

東南アジア地区(ASEAN)で需要が高い表面処理関連薬品を開発製造しています。
大学と共同で進めている、環境に優しいクロムめっき等の研究開発に加えて、ウエムラグループである上村工業(深圳)有限公司とも、相互の強みを出し合いながら共同事業を行っており、その活躍の場を着実に拡げています。

タイ

サムハイテックス

サムハイテックス

自動車や家電関連のプラスチック部品の成型・塗装・めっき加工を目的として1987年に設立いたしました。装飾めっきをはじめ、プリント配線板のめっき加工も行っています。
薬品製造の開始をきっかけに、現場からフィードバックされた情報をノウハウとして蓄積する体制を充実させ、さまざまな課題を解決するべくサポート体制の強化に繋げています。

ページの先頭へ